尿の色が濃いときの改善方法

尿の色が濃いときの改善方法

尿の色が濃いときの改善方法

 

62歳男性です。
どちらかというと、私は年齢よりも若く見られる方なのですが、健康面でも特に問題はなく過ごしてきました。

 

自意識過剰かもしれませんが、健康診断を受けてもいつも問題がなかったほどですので、自分が不健康になることが想像できないほどだったのです。

 

それが3ヵ月ほど前から尿の色が濃くなってしまって、何かの病気なのではないかと不安になりました。
今までも病気をしたことがあれば、そこまで不安にならなかったと思いますが、初めて動揺した瞬間だったのです。

 

水分が足りていないのかと思い、いつもよりも多めに水分を取り入れてみましたが、それでも尿の色は濃いままでした。

 

特に体調が悪いということはなかったので、病院へ行くまでもない気がしましたが、家内がうるさく病院へ行くように言うため、仕方がなく病院へ行った次第です。

 

病院での尿検査の際も、いつもと同じような濃い尿が出ました。
詳しい検査をいくつかしましたが、結局は年齢的なものと腎臓や尿管、膀胱の機能が全体的に低下しているという診断だったのです。

 

いつまでも健康なつもりでいたのですが、やはり年齢には勝てなかったようでした。

 

いくつか薬を出されましたが、できるだけ薬を使いたくなかったため、漢方を探すことにしました。
そのような過程で見つけたのが『クレアギニンEX』だったのです。

 

高麗人参や冬虫夏草は、漢方の中でも高額な成分ですので、毎日続けていくことは費用的に厳しいものがあったのですが、『クレアギニンEX』にはこれらの成分が含まれているといいます。

 

腎臓の健康を維持するために、必要とされている成分ばかりが『クレアギニンEX』に詰まっているとのことでしたので、早速利用してみることにしました。

 

一番最初に現れた変化は、体調の良さでした。
疲れづらくなったようで、今まで息切れしていた階段も息切れせずに上ることができるようになったのです。

 

パワーが体の中にみなぎっているようで、疲労が回復されるまでに罹る時間も短くなったようでした。
今までも健康だと思ってきましたが、それは私の思い違いだったのかもしれません。

 

尿の色の方は、体調が改善されていくのと同じくらいの時期に、少しずついつもの色に戻ってきました。
たまに調子にのって、食生活が乱れたりすると逆戻りになることもありますが、ここ最近は比較的安定しています。

 

今では病院から処方された薬を使わなくても、健康状態に異常は見られなくなりました。
こうしてまた健康な生活ができるのも、『クレアギニンEX』に巡り合えたからだと実感しています。
『クレアギニンEX』には、感謝してもし足りないくらいですね。

 

⇒ クレアギニンEXの公式サイト!

 

 

 

腎臓に良いサプリメントの人気ランキング!