腎性貧血について

腎性貧血について

一般的に貧血は「鉄欠乏性貧血」というタイプがほとんどです。このように貧血といっても種類があり、中には「腎性貧血」と言う腎臓が関係する貧血もあります。
貧血も、もしかしたら腎臓の機能にトラブルが生じている合図かもしれません。

 

腎性貧血の場合、腎臓の機能が低下することにより、「疲れやすい、動悸、息切れ、立ちくらみ、めまい」などの症状があらわれます。とくに慢性腎臓病の場合に生じる症状のひとつです。
このような貧血は一般的に考えて、鉄剤で改善しようとする方も少なくありません。しかし腎性は鉄分が欠乏しているわけではないので、鉄剤では効果が期待できません。

 

鉄欠乏性貧血なら文字のごとく鉄分不足が原因ですので鉄分を補給することで効果があります。
一方の腎性貧血はエリスロポエチンというホルモンの分泌が減少しているので、鉄分とは関係ありません。
エリスロポエチンとは、赤血球の生成を促すホルモンのことで、腎臓から分泌されています。腎臓が血液を造ると言われているのは、このホルモンの働きがあるからです。
しかし、ホルモンの分泌が減少すると、骨髄で赤血球が作られる機能が低下するため、貧血を起こします。

 

腎性貧血になると赤血球が少なくなるので、体の隅々まで栄養や酸素を運搬されなくなります。やがて全身のあらゆる組織で酸素不足や栄養不足が起こります。これをカバーするために、今度は心臓が大きな負担を抱えてしまいます。
そして、貧血がひどくなるほど末期腎不全のリスクも高くなります。
早期治療を始めることで症状の回復が見込め、慢性腎臓病の進行を抑制することもできます。

 

腎瀬貧血になったら、エリスロポエチンの分泌を促すための治療が必要になります。主に赤血球造血刺激因子製剤の投与によって治療します。

 

ちなみに慢性腎臓病患者に推奨される治療目標値としては「ヘモグロビン値:11g/dl以上」とされています。ただし、13g/dl以上は高過ぎるため、今度は休薬などが必要になります。
調節しながら治療を行うことが重要になるので、定期的に健診を受けつつ必要ならば治療を行いましょう。
治療中、血圧上昇あるいは頭痛といった副作用が出るケースもあるため、副作用を感じたら一度医師に相談してください。

 

腎臓に良いサプリメントの人気ランキング!

オルニパワーZnプラスの特徴

オルニパワーは、業界トップクラスのオルニチンを配合したサプリです。
しじみに豊富なオルニチンは、アンモニアを分解して尿素へと変える作用があります。本来は腎臓がするべき作業を助け、腎臓の負担を軽くします。
1日目安4粒にオルニチン800rを配合。元気回復に嬉しい亜鉛、老化予防に良いアスタキサンチンも入っています。
今ならweb限定、特別キャンペーン価格で30日分が500円で販売しています。

価格 500円
評価 評価5
備考 30日間の返金保証!送料・手数料無料

クレアギニンEXの特徴

クレアギニンEXでは、健康成分を29種類も贅沢に配合しています。 しじみエキスや高麗人参、そしてノコギリヤシも配合。ノコギリヤシの含有量もトップクラスで、わずか2粒でしっかり400mgを補えます。 満足度も92%と高く、多くの方から選ばれています。価格は約1ヶ月分の内容量で1980円です。

価格 1980円
評価 評価4
備考 送料・手数料無料!

しじみ習慣の特徴

しじみ習慣は、しじみのエキスのみを詰めて作られたサプリです。 台湾で育てた黄金しじみを使っています。しじみの煮汁を煮詰めてエキスにし、ソフトカプセルに詰めています。 しじみそのままを原料にしたサプリなので、腎臓サポート成分オルニチンのほか、亜鉛などのミネラルも含有しています。 1日目安2粒。 送料無料のお得な定期購入は、3,582円(税込)ですが、当サイトから10日間の無料サンプルが手に入ります。

価格 3,582円
評価 評価1
備考 当サイトから10日間の無料サンプルが手に入ります。

協和発酵バイオのオルニチンの特徴

オルニチンサプリといてもおなじみのサプリメント。 協和発酵バイオのオルニチンは、テレビコマーシャルなどでも有名なサプリメントで、しじみ300個分ものオルニチンを1粒にギュッと詰め込んでいます。 オルニチンはアンモニアを無害化する働きがあることから、腎臓や肝臓に効果が期待されています。 価格もリーズナブルで、今現在、約15日分のプランがワンコインの500円で試せます!

価格 500円
評価 評価1
備考 1回限りのお試し価格