腎臓に良い食べ物・悪い食べ物

腎臓に良い食べ物・悪い食べ物

生活習慣の中でも食生活は腎臓をはじめ、あらゆる臓器に影響をもたらします。
良い影響を与える食べ物もあれば、悪い悪影響を及ぼす食べ物もあります。
腎臓の機能低下が気になる人は、まずは食生活を見直し改善していきましょう。

 

まずは腎臓に良い食べ物からご紹介します。

魚介、海藻類

かつおやブリ、牡蠣、昆布などの魚介・海藻類は腎臓に良いと言われています。
とくに肝臓に良いことで有名なしじみに含まれるオルニチンは、腎臓にも良い影響を与えます。
腎障害の改善に有用とされていて、さらにしじみは良質なタンパク質やミネラル、ビタミンなども含んでいるため、腎臓に良いとされています。

 

肉類

以外にも肉類は腎臓に良いと言われています。食べ過ぎはかえって負担をかけてしまうので注意が必要ですが、タンパク質を摂れるところが魅力です。
牛肉に比べて、豚肉や鶏肉の方が適しています。

 

豆類、大豆食品

豆類も良質なタンパク質を摂れる食品です。利尿作用や解毒作用もあるので、体に良い食品として知られています。
肉類もそうですが、食べ過ぎはタンパク質の過剰摂取を起こすことがあるので量には気を付けてください。

 

その他

腎臓に良い食べ物は多々あります。
たとえば、キャベツ、ホウレン草、ハトムギ、ニンニク、ゴマ、山芋など。
ホウレン草やハトムギ、山芋などは利尿作用があり、腎臓機能を高めるために効果が期待できます。ただしいずれも食べ過ぎは良くありませんので、適量を摂るようにしてくださいね。

 

また、食べ物ではありませんが「水」も腎臓に良いと言われています。
お茶やコーヒーなどでなく、普通のお水です。1日2Lを目安に水を飲むことにより、腎臓の低下を防ぐとされています。とくに朝起きたらコップ1杯の水を飲むことが体に良いと言われています。

 

腎臓に良いサプリメントの人気ランキング!

クレアギニンEXの特徴

クレアギニンEXでは、健康成分を29種類も贅沢に配合しています。 しじみエキスや高麗人参、そしてノコギリヤシも配合。ノコギリヤシの含有量もトップクラスで、わずか2粒でしっかり400mgを補えます。 満足度も92%と高く、多くの方から選ばれています。価格は約1ヶ月分の内容量で1980円です。

価格 1980円
評価 評価5
備考 送料・手数料無料!

オルニパワーZnプラスの特徴

オルニパワーは、業界トップクラスのオルニチンを配合したサプリです。
しじみに豊富なオルニチンは、アンモニアを分解して尿素へと変える作用があります。本来は腎臓がするべき作業を助け、腎臓の負担を軽くします。
1日目安4粒にオルニチン800rを配合。元気回復に嬉しい亜鉛、老化予防に良いアスタキサンチンも入っています。
今ならweb限定、特別キャンペーン価格で30日分が980円で販売しています。

価格 980円
評価 評価4
備考 30日間の返金保証!送料・手数料無料

しじみ習慣の特徴

しじみ習慣は、しじみのエキスのみを詰めて作られたサプリです。 台湾で育てた黄金しじみを使っています。しじみの煮汁を煮詰めてエキスにし、ソフトカプセルに詰めています。 しじみそのままを原料にしたサプリなので、腎臓サポート成分オルニチンのほか、亜鉛などのミネラルも含有しています。 1日目安2粒。 送料無料のお得な定期購入は、3,582円(税込)ですが、当サイトから10日間の無料サンプルが手に入ります。

価格 3,582円
評価 評価4
備考 当サイトから10日間の無料サンプルが手に入ります。

ノコギリヤシEXの特徴

皆さんは「ノコギリヤシ」という有用成分をご存知でしょうか。世界中から注目されている成分で、腎臓に作用すると言われています。 小林製薬のノコギリヤシEXでは、この他にトマトリコピンなどの植物成分を配合しています。 腎臓をサポートする成分がたっぷり配合されているので、腎臓の状態が気になる方にピッタリ。 しかもリーズナブルな価格で、1袋あたり2,500円で販売しています。 1日わずか2粒という飲みやすさもポイント!

価格 2500円
評価 評価3
備考 製薬会社の品質!

協和発酵バイオのオルニチンの特徴

オルニチンサプリといてもおなじみのサプリメント。 協和発酵バイオのオルニチンは、テレビコマーシャルなどでも有名なサプリメントで、しじみ300個分ものオルニチンを1粒にギュッと詰め込んでいます。 オルニチンはアンモニアを無害化する働きがあることから、腎臓や肝臓に効果が期待されています。 価格もリーズナブルで、今現在、約15日分のプランがワンコインの500円で試せます!

価格 500円
評価 評価2
備考 1回限りのお試し価格

 

次に腎臓に悪い食べ物をご紹介します。

バナナ

栄養価が高く、よく食べている人も多いと思います。
朝食やおやつにちょうどいい食べ物です。
カリウムを多く含んでいるので塩分が気になる人には嬉しい食べ物ですが、塩分を控えめにしている人が食べるとかえって体に悪い状態になります。水分不足が起こることで腎臓にも負担がかかりますので、食べ過ぎたり、塩分を制限しているときには注意してください。

 

じゃがいも

こちらもカリウムを豊富に含んでいて、塩分の排出に役立つ反面、腎臓への負担が予測されます。
もちろん、バナナと同様に完全に控える必要はありません。あくまで影響が及ぶ恐れがあるということです。

 

塩分の多い食べ物

コンビニやファストフードなど塩分の多い食べ物も肝臓に負担をかけます。
塩分をよくチェックして、腎臓に負担がかからないように調節しましょう。

 

飲み物で言うと、炭酸の飲み物に注意が必要です。炭酸水は塩分を含んでいるものも多いので、必ず成分表をチェックしてから飲むようにしましょう。
炭酸水に含まれるリン酸も腎臓に影響を与え、血中にてカルシウムとリンが結合することで動脈硬化の誘因になるケースもあります。

 

決して、腎臓に良い物だけを食べる、悪い物は完全に控えることを推進しているわけではありません。
あくまで栄養バランスが大切です。バランスよく栄養を補うように食生活を見直してください。
もちろん、医師の指導が第一ですので、腎臓に異常があり、食事制限などを指導された場合には指示に従ってください。