腎臓の働き

腎臓の働き

ここでは、意外と知られていない腎臓の働きについてご紹介します。
できるだけ簡単に説明いたしますので、今一度、腎臓の機能について学んでいきましょう!

 

老廃物の排出、尿をつくる

腎臓の働きでもっとも有名な働きがコレですね。
腎臓は尿を作る働きがあると知られています。体にとって不要な、老廃物や塩分などを体外に排出する目的で尿が作られます。
反対に体に必要なものについては一度吸収し、体内に留める働きも持ち合わせています。
毒素などの不要物が溜まると尿毒症などを起こすので、老廃物を排出する腎臓はとても重要です。

 

血液の生成

腎臓から出るホルモンの「エリスロポエチン」が骨髄内の細胞に刺激を与えて赤血球が作られます。これによって血液を生成しているということです。
もし腎臓の機能が低下するとホルモンも出なくなるため、赤血球が作られず血液量も少なくなります。
すると当然ながら貧血などを起こしやすくなります。この場合、腎性貧血と言います。

 

血圧の調節

近年問題にあがる高血圧や低血圧といった血圧のトラブル。
人造は血圧が高い場合は下げ、低い場合には上げるという作用があり、正常な状態を維持するために働きます。
万一、腎臓の機能が低下すると高血圧などになりやすく、なお、高血圧になることでさらに腎臓に負担がかかります。

 

丈夫な骨をサポート

意外と知られていませんが、実は腎臓は骨にも関わっています。
骨といえばカルシウムを連想しますが、このカルシウムの小腸からの吸収を助ける成分を生成するのが腎臓です。それはビタミンDです。
ビタミンDを活性化することでカルシウムの吸収をサポートし、間接的に骨を丈夫にするサポートをしています。ちなみに腎臓の機能が低下してこの働きが正常に行われなくなると、カルシウムの吸収力が落ちるので骨の病気を発症するリスクが高くなります。

 

体液のバランスを調節

体液とは体の水分です。水分が溜まり過ぎるとむくみの原因になります。
腎臓には体液の量を調節する働きがあります。この作用でむくみなどの予防につながります。

 

イオンバランスを調節

イオンバランスが乱れた場合、貧血やめまい、疲労などの原因になります。
腎臓では体液と同様にイオンバランスを調節する機能もあります。この働きで、貧血などの症状を防ぐことができます。

 

腎臓の調子の自己診断表<簡易版>

内蔵は目に見えるものではないので異常が起きてもすぐ分かりません。
自覚症状も乏しいので気付くまでに時間がかかることもあります。
そこで、腎臓の現状を知るための自己診断表を用意しました。

 

下記の項目で当てはまるものをチェックしてみてください。

  • 朝履いた靴が夕方になるときつくなる
  • 体がむくみやすい
  • 息切れしやすい
  • 疲れやすい、疲れが回復しない
  • 尿の色が普段と違うことがある
  • 寝ているときにトイレに何度も目覚める
  • 尿が泡立つ
  • 顔色が悪いと言われる

いくつ当てはまったでしょうか?
当てはまった項目が多いほど腎臓の機能が低下していると言えます。

 

腎臓に良いサプリメントの人気ランキング!