腎臓検査のチェックポイント

腎臓検査のチェックポイント

腎臓の状態を把握するためには検査が必要です。定期検査を受けることにより、腎機能の状態を定期的にチェックしておくことができます。
自己管理の一環としても、定期検診や専門の検査を活用し、上体を把握しましょう。
腎臓のサインに早く気付くことで改善の余地もあります。

 

もっとも、腎臓検査は基本的に血液検査です。
血液検査にはいくつもの項目がありますが、その中でも注目すべきは「尿素窒素」や「クレアチニン」です。

 

尿素窒素とは尿たんぱくのことで、たんぱく質が老廃物として尿に流れ込みます。つまり、血中に尿素窒素の濃度が高ければ、尿に流れていないことをあらわし、腎機能が正常に働いていない可能性が疑われます。
尿素窒素の数値は食事によるたんぱく質の摂取量でも変化しますので、たんぱく質が腎臓に良いとはいえ摂り過ぎには注意が必要です。

 

クレアチニンはアミノ酸の一種であり、筋肉を動かす際にできる老廃物のこと。老廃物は尿とともに排出されるので、こちらも同じく血中濃度が高いということは腎機能が正常でなく、何らかの異常が起きていると考えられます。
とくに筋量が多い人にできやすいのが特徴的です。
以上が血液検査で判明する腎臓のチェックです。

 

 

 

 

 

 

 

腎臓のろ過能力検査について

 

専門的な検査として、クレアチニン・クリアランスという検査方法があります。
1分あたりに腎臓がどれほどのクレアチンをろ過しているか調べる検査です。
腎臓のろ過能力をチェックする目的であり、青城に働いていれば数値が低くなります。一方、数値が高い場合はろ過能力が落ちている可能性が疑えます。

 

このように専門の検査を受けることにより、腎臓病や腎臓の状態を調べることができます。
専門機関で受けられるので、気になる方は定期的に検査を受けるようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

腎臓からの危険信号には気付けない!?

 

腎臓の状態には気付きにくいところがあります。
自覚症状があるとはいえ、いずれも体調不良や老化現象と似ており、見落としてしまうこともあります。
また、気付いたときには進行している可能性も低くありません。実際、調べてみたら腎臓病が発覚したケースもあります。

 

腎臓の状態を常に把握しておくためにも定期検診を積極的に受けておきましょう。その際の結果書類についてはコピーして保管しておいてください。
前年度などと比較し、自己管理を行うことが大切です。
腎臓からの危険信号にいち早く気付くことで回復の余地があります。また、対策する手段も大いにあります。
健康に携わる臓器なので、必ず腎臓の状態は把握するようにしてください。

 

腎臓に良いサプリメントの人気ランキング!