腎臓病の予防方法

腎臓病の予防方法

48歳会社員です。
私は30代の頃から生活習慣病予備軍として、健康診断のたびに引っかかってきました。

 

血圧は高めでしたし、尿に糖が出てしまったこともありました。
そのため、食生活には十分気を配ってきたつもりでいます。
それでも、仕事からの帰りが遅いときは外食になってしまいますし、昼も弁当を持参しても食べる時間がないため、大抵コンビニで済ませてしまいます。

 

栄養バランスやカロリーバランスを考えて、サプリメントを利用していましたが、結局長続きせず体調は良くも悪くもありませんでした。

 

それが、前回の健康診断で腎臓の数値が高くなっているということで、腎臓病にならないように食生活に気をつける必要があると指摘されてしまったのです。

 

普段、たんぱく質を多く摂取していたり、味が濃い食事をしていないか問診で聞かれましたが、自分では気をつけているつもりでいたので、一体どのようにして食生活の改善を図れば良いのか分からなくなってしまいました。

 

ひとまず、妻にお願いして私が家に居る時は低たんぱくで薄味の料理を作ってもらうようにしましたが、それ以外にできることとして腎臓を元気にしてくれるサプリメントを使ってみることにしたのです。

 

薬を飲めば数値は下がりますが、私の場合は明らかに食生活や生活習慣に問題があることが分かっていましたので、試してみる価値は十分あると感じたのです。

 

医師からも、慢性腎不全になってしまってからでは、回復は見込めない可能性が高くなるといわれていましたので、透析治療をしない為にも真剣に取り組みました。

 

そのときに、一番良いと思ったサプリメントが『クレアギニンEX』だったのです。
腎臓の健康にノコギリヤシが欠かせないということは、テレビなどで見かけたことがありましたので、品質が良いノコギリヤシが入っているという時点で『クレアギニンEX』しかないと思いました。

 

もちろん医師に相談した上で、食生活のサポート役として『クレアギニンEX』を使い始めたのです。
サプリメントには即効性がないと、至るところで解説されていることがありますが、『クレアギニンEX』の場合は、私の体質に合っていたようです。

 

考えていたよりも早い段階で体調に変化がありました。
慢性的な疲労感がなくなっていったことや、むくみが引いていったのです。
血圧も徐々にではありますが、低くなっていきました。

 

ちなみに、ここまで変化が表れるまでに、約1年近くは経過していると思います。
少しずつ緩やかにではありますが、『クレアギニンEX』を使うたびに体が変化していったため、途中で使うのを止めようと思ったことはなかったですね。

 

相変わらず通院していますが、医師からも順調に回復していると言われているので、食生活に気をつけながら『クレアギニンEX』を使い続けていきたいと考えているところです。

 

同僚などにもお勧めしていた為、最近私の周りでは『クレアギニンEX』ブームとなっています。

 

 

 

腎臓に良いサプリメントの人気ランキング!